人生を面白くするヒント

  1. 問いかけを1つ!

    この日記の読者には、20代から40代の発展途上人が多いのだが、もうすぐ70代を迎えるわしには気になることがある。「あなたは、これまでに、1度くらい、命を懸け…

  2. 障害のない王道はない!

    昨日、中国人ピアニスト・郎朗さんの挫折と覚醒について書いたが、スパルタ一辺倒の父親との確執や、カネ目当ての講師の無理解だけが障害ではなかった。母国・中国も、壁と…

  3. なぜ、やるのか!

    中国人ピアニスト・郎朗(ランラン)さん。27歳。北京五輪の開会式で演奏するという栄えある大役を見事にこなし、米誌「タイム」の「世界で最も影響力のある百人」にも選…

  4. 納期変更のお知らせ

    わしは久々に、頭をぶっ叩かれて、目が覚める思いで、しかも、胸の奥がじんわり温かくなりました!「人生は99歳までは助走。100歳からが本番です」。こう語る…

  5. 似たもの夫婦、その意味は?

    離婚などの夫婦間トラブルを何千件と扱ってきた弁護士さんから聞いた話。性格の良し悪しを○×で表すと、(1)夫○妻×、(2)夫×妻○、(3)夫○妻○、(4)夫×妻×…

  6. 2010年のキャッチフレーズ第1弾!

    「今日を楽しむ天才になる」。「一日一生」ができれば最高で申し分ないのだが、煩悩多き我々には、そこまでの思い切りの良さはなかなか実現できない。だから、人生とい…

  7. まあだだよ娘の墓洗ふ彼岸花

    昨年の暮れのこと。新聞を見て、驚いた。『風天 渥美清のうた』『優日雅-夏目雅子ふたたび』などの著者であるコラムニストの森英介さんが、12月14日、膵臓がんのため…

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP