社会

  1. これぞ、真のエリート!

    先日、早稲田から外苑通りを歩いていたら第五機動隊があって、門のところに警備の警察官が立っていた。身長180センチ超で、30歳前後。白縁の眼鏡をかけていた。国民の…

  2. 根は、同じ!

    「不況」という閉塞感が、日本全土を覆っている。仕事の現場で直面するビジネスパーソンだけではなく、未来を担う受験生、学生や子どもたち、それに家庭を預かる主婦たちに…

  3. 再生の提案!

    野党に転落した自民党が、苦戦している。支持団体や個人が離反したり、落選したベテランの処遇に困るなど、内外に様々な問題を抱えている。利益誘導型の党が、利益を誘導で…

  4. これを、1つのきっかけに!

    普天間基地移設問題が迷走しているが、わしは、ニッポンの国防の在り方を国民が集中審議する絶好の機会だと考えている。これまでの現実を踏まえ、対アメリカ、対沖縄県民の…

  5. 「世の常」には、させまじ!

    簿記を勉強している主婦の方からの報告。彼女の子どもが通う私立小学校では、不況のため、公立への編入を希望するケースが増えているという。倒産やリストラによって、保護…

  6. これも、法の役目!

    旧Wセミナー出身の官僚と話していたときのこと。3年ほど前から林業関係者の間で危惧されている噂が話題になった。中国人が、日本の森林を買収しようとしているという。…

  7. 親のせいでも、子のせいでもない!

    トピックとしては一頃ほど騒がれなくなったが、「いじめ問題」が後を絶たない。より広く、陰湿に、あるいは無味乾燥に潜在しているように思う。顕在化するのは、「事故」や…

  8. ひとりの人として

    近年、犯罪の被害者あるいは加害者の家族が、テレビのインタビューに顔出しで応じることが多くなった。一昔前までは、普通ではあまり考えられなかったことだ。高度情報化社…

  9. 半永久的な課題!

    マージャンに「国士無双」という満貫の役があるが、「国士」とは、「自分のことを顧みず、国のことを心配する人物」のこと。すべての公務員は、国士であってほしい。公務員…

  10. 政治不信の温床にしない!

    核をめぐる日米間の密約問題。これも、政権交代の効果の1つだ。自民党が与党であり続けたなら、表面化することはなかっただろう。全容を明らかにしようとする政府・民…

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. ひと言

    「狭い日本ならでは」の工夫を!
  2. 受験

    自分の味方になってくださる方に、唾を吐いてはダメ!!
  3. 健康

    感覚的に、許せない!
  4. ひと言

    勘違いは、イカン!
  5. 受験

    冥利にして、醍醐味!
PAGE TOP