人生を面白くするヒント

全く気がつかない人

先日、電車で移動したときのことです。
午後でしたが、車内は混んでいました。

私は、3人掛けの優先座席に、腰を掛けていました。
右隣は60代半ばくらいの女性、成川は真ん中、左隣は20代の若い女性が座っていました。

停車した駅から乗車してきた70代と思われる女性が、座る席がないかとキョロキョロと社内を見渡しています。
そのとき、私の右側に座っていた女性がサッとと立ち上がり、「どうぞ」と席を譲られました。
「ありがとうございます」と軽く会釈をして乗車してきた人は、深く腰を下ろしました。

次の駅では、杖をつきながら、80歳ぐらいと思われる男性が乗ってきました。
多分、私と同じくらいの年齢の方だと思いましたが、「どうぞ」と手招きをして席を譲らせていただきました。
「すみません、助かります」と言っていただきました。

優先座席とは、電車やバスに設けられている、体の不自由な方、高齢者、けがをしている人、妊婦、子ども連れの方などが優先的に利用する席として設けられています。

先日の3人掛けの座席では、右隣の女性、私は(年齢的)座ってもよい部類に属していると思います。
しかし、左隣の若い女性は、本来、座るべき席ではないと思うのですが。

私たちが席を譲らせていただいている間、その人はずっと、ずっと下を向いてスマフォをしていました。
立ったり、座ったりしているのに、1度も顔を上げることはありませんでした。
周囲のことが、全く視界に入らない様子です。
気が、つかないのです。
加えて、優先座席ではスマフォは控えるべきでは。
そんなルールすら守れないのかな。
あきれてしまいました。
先日だけの出来事ではありません。
よく似た光景に、遭遇することがあります。
これからの時代、どうなっていくのでしょうか。

(ひと言) 「優先座席が設けられている意味を、考えてみてください」。

夢を、絶対実現!!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


【成川豊彦先生による注目の講座】

 

 

 

 

 

今、全国の実務家を元気にしています!


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

https://schooltokyo.jp/shihou-kouza-0442/


 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP