人生を面白くするヒント

川に流されるが如く! 岩に刻まれるが如く!

 

 

 

今日は、私が親しくお付き合いさせていただいているご住職から聞いたお話を紹介しよう。ご住職は職業柄、様々な場所、様々な時、様々な人たちを前に、様々な説法をされている。その中でも、取り分け大切にされている話があるという。

それは、「言葉の力」。

ご住職は、こんな風におっしゃった。 「自分が発した言葉は、川に流されるが如く消えて行くが、自分が発した言葉を受けた相手の心には、岩に刻まれるが如く残るものである」。

何気なく発した言葉が、時として、相手を傷つけてしまうことがある。その傷は、簡単には消えず、生涯の痛みやしこりとなって、残ることもある。みなさんも、身に覚えがないだろうか?

私には、たくさんある。イケイケのプラス思考で、開き直った楽観主義を標榜している私も、ほんの些細な言葉でグサリと傷つくことがあるのだ。だから、余計に、自分も気をつけなければいけないと思う。持って回った言い方をせず、何事も本音で、何事に於いてもシンプルかつストレートな表現をする私は、無神経に、相手の気持ちを傷つけている可能性が大いにある。言葉足らずだったり、誤解を招くような言い方で、人の気持ちを損ねてしまうことがきっと多々あるのだ。

自分が受けた傷は絶対に忘れないが、相手に傷を与えたことには無自覚、無頓着。ご住職は、このような人間の浅はかさ、弱さ、愚かさを戒めるために、この説法を大切にされているのだろう。

お話を聞いた時、私はまさに我が事として、身が引き締まる思いでした。ご住職、本当にありがとうございます! みなさんも、十分に気をつけて。人と話をする際、ビビッて萎縮する必要はどこにもないが、謙虚さや相手の立場を思いやる気持ちは、いつも持っていなければいけないのだ。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」 「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、 このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。 書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】 ● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載! ○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京」 ├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。 └ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】メールマガジン登録フェイスブックツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP