人生を面白くするヒント

ジタバタするだけ、泣きを見る!

受験生の場合、真面目であることは、合格に必須の条件。

(1)真面目に、講義に出る。
(2)真面目に、講師の話を聞く。
(3)真面目に、ノートを取る。
(4)真面目に、復習する。
(5)自分の頭でトコトン考え抜いて、それでもわからないことや納得できない点があったら、真面目に質問する。

以上5つの真面目は、絶対合格になくてはならないものなのだが、実は、真面目なだけでは合格できない場合も多い。真面目であるが故に、誤った勉強法を取ってしまうことがあるからだ。その典型が、コレ。

「網羅主義に陥る」。

本試験2~3ヵ月前の直前期になると、「あれをやっていない」「これもまだ」と、にわかに焦り始める受験生がいる。不安が不安を呼ぶ格好になって、新しい資料や問題集をできるだけたくさん手元に集めて、それらの全部に目を通そうとする。土台、無理である。絶対に無理。付け焼刃の泥縄では、消化不良を起こすだけ。余計に不安になって、さらに焦りが増して、できることもできなくなってしまう。自分でパニックを呼び寄せているようなものではないか。あるいは、前回、5つの肢を勉強したとして、「1と3と5は、正解を出せた」が「2と4は、間違った」としよう。

網羅主義に陥った真面目な受験生は、直前期の今回も、1~5の全部をやろうとする。そんな時間は、どこにもないのだ。やるべきは、自分ができなかった2と4だけであって、できた箇所を繰り返しているヒマなどどこにもない。

直前期に必要なことは、網羅主義ではなく、「重点主義」である。やるべきことを限定する。そして、脇目もふらず、集中する。捨てる勇気を持って、残り少ない勉強時間の密度を最高度にするのだ。

重点の優先順位は、
(1)自分の弱点
(2)講師、テキストや過去問が、「基本」として強調している点
この2つだけである。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP