受験生に送る言葉

もっとスマートにやれるはず・・・!?

昨日のブログでは、「新司合格者は、旧司合格者に比べて、おとなしい。粒が小さい。覇気がない」と小言めいたことを書きましたが、受験指導に携わって多くの受験生の皆さんに日々、接している私の実感であり、実務の現場にいらっしゃる先生方から度々、お聞きする嘆きでもあります。

法曹へのハードルが低くなったこと、さらには時代、世代の影響もあるのでしょう。

私たちが現役世代だった頃は(もちろん、成川はまだまだバリバリの現役ですが!)、もっとガツガツしていました。それに比べて、今の若い人たちは、随分とスマートです。

物分かりがよく、諦めもよい。「何が何でも!」「石にかじりついても!」「格好なんか構っていられない!」といった迫力に欠けるところがあります。

それが、上の世代からすれば、物足りないような、頼りないような、そんな風に映るのでしょう。

これは、世の常かも知れません。今の若い人たちも、年齢を重ねれば、下の世代に向かって、「そんなことで、どうする!?」と言うかもしれません。しかし、1つだけ確かなことがあります。

人間性がスマート過ぎるのは、あまり面白味のないことなのですが、技術やノウハウはもっともっと、スマートになっていい。いや、なるべき。ならなければいけない。

例えば、司法試験、予備試験に合格するための勉強法や生活習慣の在り方は、さらに洗練されて然るべき、ということです。無駄を省いて、よりストレートに、ダイレクトに、目標を達成する。

それが悪いことであるはずは、ありません。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP