受験生に送る言葉

小物にならないために、もっと大きな、力強い勉強を・・・!?

受験指導に携わって45余年、もう何年も前からのことですが、最近、特につくづく感じるのは、「現行の司法試験、予備試験にエントリーする受験生は、旧司法試験の受験生に比べて、本気度がドンドン下がっている」。

司法制度改革の一環として、法曹への門戸が大きく開かれ、多様な人材を受け入れ、登用するという理念は良かったのですが、実情が追いついていない。

弁護士について言えば、法律事務所を経営されている第一線の先生たち、あるいは企業の法務部などに在籍されている現場の方々からも、新司合格者はおしなべて、「旧司合格者に比べて、おとなしい」「粒が小さい」「覇気に欠ける」といった声をよく聞きます。

受かりやすくなったのは、受験生にとって結構なことでしょうが、「粗製乱造」と言われるようでは困ります。安かろう悪かろうでは、意味がないでしょう。

これからの法曹の価値を左右するのは、合格者1人ひとり、受験生の皆さん1人ひとりにかかっています。

「何でもいいから、受かればいい」といった安易な学習態度を止めて、受かった後までしっかり見据えた、骨太の勉強をしていただきたい。

その気さえあれば、受験生活は、人生を飛躍させるジャンピングボードになります。手に入れられるのは、合格だけではありません。人間として大きく成長できる契機になるのです。

常に改善の心意気で、謙虚に、感謝の念を忘れず、学びに邁進する。目先の暗記に走るのではなく、物事の根本から、本質から、自分の頭で考え抜く。理解する。

もっともっと大きな勉強、力強い勉強をしていただきたい!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP