ビジネスの本質

「結論」は何ですか・・・!?



———————————————

先日、スクール東京のスタッフS君と話をした時のこと。彼から、仕事の報告を受けた。彼は真面目であるが、話が長い。ダラダラと理由を先に話すのだ。私が聞きたいのは「結論」である。

「S君、結論は何だ!」
「あっ、はい・・・」

いつもと同じである。

「まず、結論を話す。これで、私が納得すれば、話を終える。先に、理由を話さない。守ってください」と、彼に伝えた。次回は、同じ繰り返しをしないでくださいね。

なぜ、結論から話さなければいけないのか?

仕事をスピーディーに、円滑に進めるためである。結論だけで意思決定できれば、一番早い。仮に、検討の余地があって、理由や根拠が求められる場合でも、ダラダラと列挙する必要はどこにもない。

重要度の高いものから2つ、述べれば事足りる。その2つだけで、全体の80%以上は網羅できるからだ。おおよそを把握するには十分である。

逆に、細部にばかりこだわり過ぎると、シャープな意思決定が阻害されたり、判断を誤ってしまうことにもなりかねない。

ダラダラと理由を先に話す人は、自分の思考過程をできるだけ忠実に再現しようとしているのかもしれない。その点では、生真面目とも言えるのだが、ビジネス上のコミュニケーションとしてはお粗末だ。

相手のことから考える。これが、基本にして、大原則。ユーザー、顧客や取引先の関係者等の立場に立つのと同じように、上司、同僚や部下の立場に身を置いて、報告や連絡の仕方を考えなければならない。

<今日の締め>
①テーマ→②結論(→③理由)

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP