社会を元気にする

人間としての商品価値・・・!?



———————————————

昨日のブログでは、私の故郷、徳島の「阿波おどり」を題材に、「伝統行事の商品価値」について書きました。

伝統の名に安住して運用面での赤字を重ねていると、行政などの力を借りることになり、主体者(地域住民)と主催者(市当局)に距離や齟齬が生じて、軋轢を生む。

今の時代、お祭りでさえも、商品価値を強く意識せざるを得ない。そういった内容でした。

しかし、私が見るところ、もっと深刻な問題があります。現在の20代、30代の若い世代です。高度成長期やバブル経済期を知らない、今後も期待できそうにない世代です。

右肩上がりの潮流がありそうもない上に、社会保障などの負担が増大していくことは確実。最近、あまり言われなくなりましたが、「格差」は大きくなる一方だと私は感じています。

今ほど、「人間としての商品価値」が問われ、突きつけられている時代もないのでは?と感じてます。

私は常々、このブログの読者の皆さんに、「自己価値」を上げることの重要性をお話してきました。資格試験の勉強をすることもその一環であって、「受験は、仕事の一部」だとお伝えしてきました。

しかし、現在、進行している事態はもっと情け容赦ないものです。たとえ、目標とする試験に「合格」しても、何かが保障されるものではありません。

合格者は、前に進む勇気をもらえる。その程度に考えておいてください。

「資本主義の暴走」に、食われない。企業や官公庁などの組織の論理に、食われない。競争だけを求め続ける社会に、食われない。

そのためにこそ、「自己価値」の向上が必要なのです。

自分に何ができるか、何をやりたいか?
人がやっていないことは何か?

20代、30代の若い方々に考えていただきたい問題です。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP