受験生に送る言葉

平川先生の小論文講座㉚―慶應義塾大学 2005年度―

夢を抱いて、実現する君よ!今日は、平川先生の小論文講座30をお届けします!

[今回の過去問]
慶應義塾大学 2005年度 50分 600字以内
「諸君はこれから、さまざまな人々に出会うであろうが、弱さを持つヒトとはどのようなヒトであるか、あなたの考えを述べよ。そして、そのようなヒトにあなたが出会った場合、どのように関わっていくか、考えを述べよ」

[第30回]
前回は、「弱さを持つヒト」とは、一体どのような人のことなのか考えてみました。今回は、設問・後段のそのような弱いヒトと「どのように関わるか」考えてみます。

「題意を踏まえて,問いに答える」

平川先生:「前回、『弱さを持つヒト』という点について,考えてみました。
結局、弱い者とは、医者である自分自身もそうである。だから、常に弱者の視点に立つことを心がけることが、大きな軸となっていることが分かりました。では、今回は、そのような弱い『ヒトにあなたが出会った場合、どのように関わっていくか』設問・後段の部分を検討しましょう」

スク男:「まず、すべての人が弱さを持つ存在である以上、他者の命、生き方を尊重することが大事だと考えます」

平川先生:「あと、医師自身の特権意識についても、何かいうべきだね。自分たちは、強い存在だと勘違いしている。一般の人を、上から目線で見下している。最近の医学部不正入試の話しがそうだね。自分たちは、何をやっても許される特権階級だ、という意識がうかがわれる。それが、医療現場における患者を軽んじた扱いにも、現れているのではないだろうか」

スク男:「確かに、そうですね。長時間待たせておいて、診察はパソコンの画面を適当に見るだけ。患者との話も、ただ適当に話しを聞いているだけ。こんなことがまかり通っているのも,根底に医者の特権意識、患者をさげすむ意識があるかもしれませんね」

平川先生:「そう、今回の入試不正問題も、正直、受験界では、かなり前からうわさになっていたことだね」

スク男:「慶応義塾大学は、今から10数年前というのに、随分と思い切った出題をしたものですね」

平川先生:「それだけ、真面目に考える医療関係者が、いるということだ。当たり前のことだが、患者は医師に命を託しているんだ。このことをすべての医療関係者や、君たちのようなこれから医術の道に進む者は、忘れてはならない。そんな出題者のメッセージが、伝わってくる気がするね」

スク男:「はい」

平川先生:「さて、今回の議論で、答案の柱は、かなり形がつきました。
次回は、いよいよ答案を完成させましょう。お楽しみに」

【合格する小論文のヒント】

「題意をつかんだら、その出題者の意図に答えるように答案の柱を整理する」

出題の意図が見えたら、そのねらいに応えるように答案構成を進めましょう。確実に、合格答案が出来上がります。

* * * * *

 

 

 

 

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
http://bit.ly/2IfPdgL

* * * * *

 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP