人生を面白くするヒント

「疲れた」と言わない

周囲の方たちから、「成川先生は、いつも本当にお元気ですね」と、よく言われます。
事実、おかげさまで、私は元気です。
81歳になった今も毎日、好きな仕事を続けさせていただいています。
本当にありがたいことだと、感謝しています。

しかし、この私でも、元気が足りないときがあります。
そんなときは、周囲の人たちに心配をかけないよう、いらぬ気を使わせないよう、元気にふるまいます。

「元気がなくても、元気にする」。
そう心がけています。

最近、日本社会全体が、疲れているように感じます。
コロナ禍の影響も大きいでしょう。
特に都心では、くたびれ切っているような人に、出会います。
そして、口に出して、あるいは表情や動作で、「疲れている」と訴える人が以前より確実に増えています。
年配の方だけでは、ありません。
若い世代にも、見受けられます。

日本人の多くが、しんどい思いをしています。
職場、学校、家庭、地域で。
さまざまなストレスにさらされて、弱っていると感じます。

だからこそ、お願いしたいことがあります。
「疲れた」、「疲れている」と口にすることを、止めてみませんか。
それだけで、社会は、随分、明るくなるはずです。
私は、そう考えています。

「まともな社会人なら、疲れるのは当たり前。当たり前のことを、わざわざ口にするな」。
と、一刀両断してもいいのですが。
そうすると、また、へこんでしまう人がいますから、お願いの形にします。

人の心を軽くするのは、人の明るさです。
あなたの元気は、人を明るくすることができます。
誰かを救います。
きっと、疲れている社会も明るくなれるはずです。

(ひと言)  「元気がないときも元気にしていたら、社会全体が、きっと明るくなっていきます」。

夢を、絶対実現!!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


【成川豊彦先生による注目の講座】

 

 

 

 

 

今、全国の実務家を元気にしています!


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

https://schooltokyo.jp/shihou-kouza-0442/


 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP