人生を面白くするヒント

スランプになったときのメンテンナンス法

仕事の流れに乗れないとき。
勉強の調子が、今ひとつ出ないとき。

頭や手が思うように動かない。
いつもと同じアクションをこなしているのに、ピントがずれる。
「これではダメだ」と思うものの、即効性のある対処法が見つからない。

そんなときが、ありませんか。
私も時々、あります。

私たち人間は、機械ではありません。
機械でも、調子が悪いときがありますし、故障だってします。
だからこそ、日頃のメンテナンスが大切なのです。
危機的な故障を招かないためにです。

ビジネスや受験の場合は、深刻なスランプを避けるための、ちょっとした早めのメンテナンスが大切です。

具体的な方法は、
(1)どうしても調子が出ないときは、思い切って、ふだんの仕事量・勉強量を少なくします。
   無理にすると、余計にストレスを抱え込み、こじらせてしまいます。
   全然やらないわけではないので、OKです。
(2)仕事量・勉強量を減らして余った時間は、「適度な運動」、「睡眠」に充てます。
(3)食事量も、ふだんより少なめにします。
   胃腸を休ませると、精神的な回復は早くなります。
(4)仕事や勉強の合間に散歩の時間を作ります。
  街路樹の緑を見るだけでも心が洗われる気持ちになれるはずです。
スランプ気味になった時に、試してみてください。
それでもどうにもならなかったら、私に会いにきてください。
必ず、解決策が見つかります。

(ひと言) 「スランプになったときは、自分の心と体を優しくメンテナンスしましょう」。

夢を、絶対実現!!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


【成川豊彦先生による注目の講座】

 

 

 

 

 

今、全国の実務家を元気にしています!


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

https://schooltokyo.jp/shihou-kouza-0442/


 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP