人生を面白くするヒント

「感謝」の気持ちを伝える言葉

私たちの身近なところで、ドンドン進化していくIT技術。
若い世代の方たちは、生まれたときからこの恩恵にあずかっています。
旧世代の私からすれば気になることが、あります。
それは、「ありがとうございます」のひとことが言えない人が多いことです。

「人から何かを、もらったとき」
「指導をしてもらったとき」
「お世話になったとき」
などなど。

ITは主に、コミュニケーション・ツールとして発展してきました。
そのツールが当たり前のように、すでにあった世代の人たちには、コミュニケーションの基本、根本となる「ありがとうございます」という言葉が、失われていると言っても過言ではありません。
81歳になった成川から見れば、そのことが非常に気がかりなのです。

しかし、「ありがとうございます」が言えない彼・彼女たちは、このことに気づいていないと感じています。
自覚がないから、それほど悪いこととも思っていないでしょう。
逆に、旧世代から厳しく指摘されたりすれば、ポカンとしたり、カチンとくるかもしれません。
相当のギャップがあるのです。

時代の流れといえばそれまでですが、「ありがとうございます」のひと言が消えていくのはさみしいです。
人への感謝をはしょることが、IT独自の効率や利便性だとしたら悲しいではありませんか。

(ひと言) 「いつの時代になっても、世代を問わず誰もが『ありがとうございます』が言える社会であることを願っています」。

夢を、絶対実現!!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


【成川豊彦先生による注目の講座】

 

 

 

 

 

今、全国の実務家を元気にしています!


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

https://schooltokyo.jp/shihou-kouza-0442/


 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP