社会を元気にする

送り手の問題!!

大学入試センター試験は、今回が最後となりました。後継である大学入学共通テストは、来年1月から実施されます。

当初計画では、実施日程、出題教科や科目(6教科30科目)、それに各教科内科目の選択方法もセンター試験と同様にして、制度の移行による大きな混乱を避け、受験生に配慮した格好になっていましたが、最大の目玉であるはずの記述式問題の導入が見送られることになりました。

知識や技能だけではなく、思考力・判断力・表現力をより重視する。そこをキチンと評価するための記述式。

私が常々、受験生の皆さんに申し上げている「暗記中心ではなく、理解中心」にも適う方向性でして、成川としては大いに期待していたのですが、かなりズッコケましたね。

関係者の中にも、ズッコケた方々がたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。形式面だけ整えて、肝心の中身が準備不足。お粗末なドタバタになってしまいました。

とは言え、改革の方向性は間違っていないのですから、ドタバタついでにここはグッと腰を据えて、しっかりしたスタンダードを構築していただきたいと思います。

「記述式(論述式)は、各大学に任せておけばいい」という意見もありますが、暗記国家から脱却するために、共通テストで一定の姿勢を示すことは非常に大切だと成川は考えます。

いずれに致しましても、試されているのは子供たちではなく、私たち大人です。テストを提供する側がテストされている。送り手の問題であると肝に銘じる必要があるでしょう。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP