社会を元気にする

ニッポンが本当の先進国になる日

世界経済フォーラムがこのほど発表した2019 年の「ジェンダー・ギャップ指数」。

指数が1に近づくほど男女平等の度合いが高いとされ、経済、教育、健康、政治の4分野14項目で算出されます。日本の指数は0.652で、調査対象153ヵ国中121位。

前年の110位から順位を下げ、2006年の調査開始以来、過去最低のランクとなりました。G7(先進主要国首脳会議参加国)の中でもダントツのワースト1という結果です。

私は微力ながら長年にわたって、女性の自立、社会進出を応援して来ました。資格取得の学習指導などを通じてです。

わが国には女性のことをあまり顧みない、ハッキリ言えば、特に、地方において、男尊女卑の風潮がしっかり根付いてしまっているからです。日本だけの話ではないのかも知れませんが。

周囲をすぐに変えることは容易ではない。ならば、自分から変わるしかない。受験にチャレンジして、公に認められた職業ライセンスを勝ち取ることは、そのための手段の1つ。

そう考えてのことです。その思いに今も変わりはありません。

先日のブログで、「(男性の)権威に対して(女性の)心身が活性化するのは、女性ホルモンのなせるわざ」と書きました。これには、様々な捉え方があります。

「だから、オンナはダメなんだ」「男尊女卑は生物学的なもので、人間の文化そのもの」・・・等々が従来的な解釈ですね。通説、とも言えるでしょう。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

日本が本当の意味での先進国になる日はまだまだ遠い。それだけは、確かなようです。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP