受験生に送る言葉

勉強しても、受からない・・・!?

何事においても納期を設定する私は、人生に残された時間を日々、意識しています。あと、約7,000日。やろうと思えば何でも出来る猶予が、私には与えられています。有難い!

そこで考えたのが、「土台作り作戦」。およそ半世紀に及ぶ受験指導の経験から、勉強しても受からない人たちがあまりにも多いことに大きな問題意識を抱え続けて来ました。

勉強しても・・・受からない・・・。

このブログを読んで下さっている受験生の皆さんの中に、「それは、私のことだ・・・」と思い当たった方はおられませんか?

時間とお金とエネルギーを注ぎ込んで、自分では真面目にやっているつもりなのに、結果が出ない。学力が伸びていく確かな手応えが感じられず、モチベーションは年々、低下していく。

焦りと不安から、予備校サイドが次々と繰り出すテキスト、問題集や参考資料、それに答練や模試に片っ端から手を出して、あっぷあっぷの状態になってしまう。

このような悪循環にはまってしまうと、もういくら勉強しても受からないのです。やればやるほど泥濘みに、ともいえましょう。

事ここに至って必要なのは(あるいは、そのような泥沼に足を踏み入れないために必要なことは)、小手先の付け焼き刃ではありません。「土台作り」です。

即ち、(1)体力、(2)心力、(3)考力、(4)技力の4つをコツコツと養っていくことです。そのための新講座が、間もなく開講致します。

近々に、パンフレットが出来上がります。成川の新たなライフワークにご期待ください。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP