社会を元気にする

定年後の地方暮らしは難しい・・・!?

私の大学時代の友人は大手企業の役員を退職した後、地方へ移住をしました。田舎暮らしを始めて5年が過ぎました。

先日、上京した時、事務所を訪ねてくれました。その後、久しぶりに一緒に夕食を食べました。

「成川、東京のホテルのレストランはいいな〜」しみじみとした表情で話し始めました。

「そうかな。しかし、田舎はのんびりしていいだろう?」と尋ねました。

「いや、それがだな・・・」

(1)世間が狭い(何かと細かいことを言ってくる人が多い)。
(2)都会から来た人間=よそ者と思われる。
(3)東京から引っ越したということで、目立ってしまい、嫉妬される。

などなど・・・東京は、「人は人、自分は自分」と割り切って過ごせたが、そうではない!! 都会の方が断然、住みやすい。

私は、「そうなのか〜」と、彼の話を聞きました。成川も、「田舎暮らし」はいいものだろうなと思っていましたが、少し、見方が変わりました。

親友は、東京の暮らしに戻りたいそうです。「住めば都」には、ならない様子です。「生活」の場所は、難しいものですね。

これからの時代は、Wワークが大きな流れを作っていくと思います。従来のように生計維持のためにやむなく、といった仕事の掛け持ちではなく、人生を充実させるための積極的なWワークです。

現在でも、先進的なIT企業では、社員にWワークを推奨しているところがあります。都会と田舎を結ぶ鍵は、「双方に住む人の、心の持ち方」または、働き方改革にあるのかも知れません。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP