プロの勉強法

「優等生」から脱皮して、合格を勝ち取る!

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.249”を、どうぞ。

▼「「優等生」から脱皮して、合格を勝ち取る」。

 現在、難関学部、資格試験に挑戦中。しかし、何回も滑っている。始める前は、確かに「自分ならやれる」と自信があったのだが・・・。

  <×:スベる人>
(1)若い頃、「神童」「天才」「非の打ち所がない」と誉められ続けて、育った。それが心地よく、自分のことを、優等生と信じ込んでいる。
(2)内心は、苦しい勉強が大嫌い。「チョイチョイと暗記すれば、たいていの試験など、クリアできる」と、思っている。
(3)助言や注意をくれる人を、「自分のことを低く見ている」と逆恨みする。
  (注)「逆恨み」は、罰当たりである。
(4)試験問題に対して、ピントがぼける。

  <〇:受かる人>
(1)年が若くても、「感謝の気持ち」「親孝行」「社会貢献」などの言葉の意味が、よく分かっている。
(2)考えること、勉強することが大好き。理解できることを、この上なく嬉しいことだと感じている。
(3)助言や注意をくれる人のことを、自分にとって、とてもありがたい存在だと思う。
(4)試験問題に対して、ピントが合わせられる。

  <合格ポイント>
(1)受験生の過去の学歴・学業成績は、たとえ優秀でも、難関学部入学や資格試験合格と関連しないことが多い。
(2)理由は、以下のようである。
①「過去、私は優秀だった」という考えにこだわり、現在の弱点や失敗を認められない。
②他人から自分のミスを指摘されても、受け入れない。
③弱点を克服できず、成長しないまま、合格に至らない。
④このことは、筆者の40年強の受験指導の経験から、いえる。
(3)難関試験に合格した先人たちは、何度も失敗し、そこから体得するという努力を積み重ねた。「自分は優等生だから、弱点はない、失敗しない」というのは、受験生にありがちな、単なる思い込み、うぬぼれである。
(4)「自己評価は、評価にあらず」である。

  <裏技>
(1)「優等生の自分なら合格しているハズだ」「でも、合格できてない」「なぜだか、考えてもぜんぜん分からない」という方。「成川合格塾」へどうぞ。まずは、お話をじっくりと聞きます。それから、どこがいけないのか、瞬時に判断して、お伝えします。
(2)30歳を過ぎてからの予備試験の受験生は、「新・成川ゼミ」で、心と勉強方法を叩き直します。これで、間違いなく、合格だ!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP