受験生に送る言葉

それは、鏡のようなもの・・・!!

私は半世紀近くにわたって資格試験の受験業界に携わっていますが、見えざる存在として、「合格の神様」がおられることを確信しています。

このようなことを申し上げると、「・・・オカルト?」「何の宗教?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのどちらでもありません。私は現実的な合理主義者でありまして、受験勉強におきましても何より科学的であることを重視しております。

「学習範囲を過去問に限定する」
「基本を確実に自分のものにできるまで何度でも反復する」
「理解してから暗記」
「短答も論文のように勉強する」等々・・・

本試験での得点を最大化する方法論を受験生の皆さんにお伝えすることが自分の仕事だと考えています。

その私が言う、見えざる存在とは何でしょう?
「合格の神様」とはどのような御姿であられるのでしょう?

時間をかけて、お金をかけて、それなりにエネルギーを注ぎ込んでも、なかなか結果が出ない人、絶対に受からない人たちがいます。

ちょこちょこ手抜きをしていたり、素直ではなかったり、本試験が終わるとパッと気を抜いて、直前期になるとパニックに陥るパッパニ族を毎年を繰り返していたり、あるいは、受験勉強ができることに感謝の念を持たず、不平や不満ばかりを口にしていたり・・・このような人たちは例外なく、「合格の神様」に嫌われます。

「合格の神様」に好かれなければ、受からないのです。

ご自身のことを考えてみてください。

好き嫌いは、理屈を超えていませんか?
理屈を超えて、ハッキリしていませんか?

「合格の神様」、それは受験生1人ひとりにとっての鏡のようなものだと私は感じています。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP