ビジネスの本質

続・都内の有名私立大学入学試験科目に変化あり・・・!?

先日のブログ続きです。少子化問題に直面している日本。私立学校にとっても深刻な問題となっていて、様々な対策を講じながら、受験生集め、学生獲得に躍起になっています。

入試科目の差別化もその1つで、都内のある有名私立大学が、英語に堪能であれば合格できるコースを開設しました。

ところが、その影響でしょうか、その大学のレベルが近年、ガタ落ちしているというのです。

「スクール東京」にも、その大学に通っている学生さんが相当数いるのですが、残念なことに、パッとしない、シャキッとしていないタイプの方ばかり。彼ら、彼女らには、以下の4つの共通点があります。

(1)都内の一流私立大学在学中で、プライドが高い。
(2)自分は賢いと思い込んでいる。
(3)基本的な勉強を嫌がる。
(4)時間にルーズである。

「大学」は、専門的な知識を「学ぶ」場所であります。もっと、切磋琢磨して欲しいですね。大学は、着地地点ではないからです。その後が、本勝負になります。

国内外を問わず、「斜陽」化が目立っています。「学ぶ」ところだけは、聖域であって欲しいと願う私です。

しかし、問題は、生徒の側にだけあるのではありません。本当は、教える側の方が劣化が激しいのかもしれません。

なぜなら、知識やノウハウを情報とすれば、誰でも手軽に入手できる時代になっているからです。そのような時代にあって、何を教えるのか?

先生と呼ばれる人たちにこそ、意識改革が必要なのかもしれません。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP