受験生に送る言葉

受かるためには「合格を目指さない」・・・?

今日から9月1日です。

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.242”を、どうぞ。

▼「受かるためには「合格を目指さない」・・・?」。

試験が終わって、1ヶ月以上が経とうとしている。ようやく、勉強にやる気が出てきた。しかし、振り返ると、本番数ヶ月前には、勉強計画もまったく立てられず、焦るばかりだった。こんなことを、数年、繰り返しているが・・・。

<×:スベる人>
(1)自分が、パッパニ族(次の受験までに1年あるとして、前半6ヶ月をパッパラパーと遊んだり、勉強したりし、後半6ヶ月は切羽詰ってパニック状態になる受験生)であることに気づかない。
(2)次の試験も、とりあえず「合格を目指す」。
(3)今日も、暗記中心の勉強を始める。

<〇:受かる人>
(1)「専門分野の基礎知識は、習った」「直近年度の試験過去問を、一通りやった」。それでも、失敗(不合格)が続くのは、次のような原因があると思い至る。
  専門知識以前に、「日本語の読解力・論理的思考力が、弱い」から。
(2)中学や高校のときに使った国語・数学の教科書・参考書を引っ張り出し、読み返している。
(3)専門知識を使う勉強は、ひとまずお休みする。

<合格ポイント>
(1)3回以上、同じ試験に落ちている場合、専門的な勉強から距離をとると効果的なことがある。
(2)代わりに、日本語読解力・文章構成力や数学的(論理的)思考力を鍛えてみる。知能を、アップさせる。
(3)高校や中学、場合によっては小学校の教育内容にさかのぼってみる。長年の勘違いが修正され、専門分野の勉強に役立つことがある。
(4)不合格になるのは「能力がない」「向いていない」からではない。専門分野の習得以前の「知能が、退化している」「基礎勉強が、おろそかになっている」だけである。

<裏技>
(1)スクール東京の、次の講座を受講する。
  ①「日本文章術検定のエントリーコース
・受講生にテーマを与えて、作文を書いてもらいます。筆者が、それを、すばやく添削します。添削と書き直しの過程で、思考が整理され、日本語の読解力や文章の構成力が身につきます。
・身についた思考力は、専門分野の勉強に大いに役立ちます。受講前と後で、驚くほど理解力に差が出ることを、実感できるでしょう。
 ②「頭がシャープになる特別講座」
・受講生の「知能」を鍛え、無駄のない行動を取れるようにします。
・具体的には、期限を設定して実行し、成果を報告する「期即連」というルールを体得できるようにします。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP