ビジネスの本質

周囲の人は、覚えてますよ・・・!!

78歳で現役の私は、仕事関係において、これまでにたくさんの方々とお会いしてきましたが、その中に実に残念な人たちがいます。

年齢で言えば、20代、30代の若い人が多いかなあ・・・と思うのですが、よくよく考えてみると、40代、50代、60代にも・・・昔もいましたし、今もいます。

年齢を問わず、時代に関係なく、ビジネス人口において一定のパーセンテージで存在するようです。

それは、「小ウソをつく人たち」。

例えば、「営業職として心がけていることは?」と訊かれて、「昼休みには、毎日、歯磨きをしています」と答える。しかし、実際はしていない。

あるいは、「昨日の日曜日は、どこかへ遊びに行ったの?」と訊かれて、「いやあ、うちでゴロゴロしてました」と答える。

しかし、実際はゴルフに行って、夜にはビアガーデンで飲んでいる。実害は、ほとんどないです。

プライベートな事柄なら、休みの日にゴルフやビアガーデンに行こうが行くまいがどうでもいいことですし、仕事に少しは関係しているとはいえ、ランチの後に必ず歯磨きをするかどうかは、そう大きな問題ではありません。

だから、小ウソ。その場ですぐに消えてしまうようなウソです。

ところが、これが意外と消えない。案外、尾を引く。小ウソをつかれた周囲の人たちは、ずっと覚えていたりする。

ウソは大きくても小さくてもいつかバレるものでして、小ウソをつかれると、「えっ、こんなことで・・・」と逆にインパクトがある。その結果、信用できない人間と判断されるのです。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP