ビジネスの本質

地位(肩書)があるか、ないかで「人」の値打ちが分かる・・・!?

世の中には、様々な職種があります。各業種に分かれ、社会・会社では、それぞれの「地位」がありますね。

私たちの世代の人間は「出世」することを目標に生きてきている人が多いとおもいます。

50代の頃、大学の同窓会に出席した時、頑張って仕事をした友人は、それなりの役職に就いていて「貫禄」が出ている人を多く見てきました、不思議と、人は、地位(肩書)が付くと、立派に見えるものです。

肩書で値打ちが決まると言っても過言ではないくらいの雰囲気を感じます。

私は、それに加えて、人の「顔」(人相)で、その人の器量が分かると思っています。男前、美人・・・生まれながらの容姿がありますが、「顔」は、全てを語るものだと思います。

「顔」(人相)で、その人の生き方の「品格」(値打ち)が分かります。どれだけ、偉い人でも「この人の人相、よくないな」と感じる人ってみえますね。

成川は、地位(肩書き)+「顔」人相をチェックするようにしています。

もう1点、付け加えるならば、不利な状況に陥った時、あるいは窮状にある時に、その人の本当の器量が分かると思います。いい時は、誰でもいい顔をするものです。

言動にも、余裕が生まれます。それなりの地位がある人なら、なおさらでしょう。社長さんは社長というポジションを謳歌することができます。

しかし、会社の代表として、責任者として、顔として、あるいは親としての真価が問われるのは、会社が危機にある時です。それは、お金のことばかりではありません。

医者・弁護士など専門職の専門職の方だって、厳しい状況の時ほど、笑顔を絶やさないでください。そのうち、明るい状況に変わってきますから。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP