プロの勉強法

本試験の自己採点が死ぬほどいやなら、やらなくてよい!

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.238”を、どうぞ。

▼「本試験の自己採点が死ぬほどいやなら、やらなくてよい」。

 年に一度の試験を、先日、終えてきた。「合格していたら、いいな」と、期待が湧いてくる。しかし、いざ、赤ペンを持って採点しようとすると、元気がなくなってくるが・・・。

  <×:スベる人>
(1)「私は、受かっている」と決めつけている。本試験の問題は、家に持ち帰った後、放ったまま。
(2)次の段階の試験勉強へ、突入。
   例:短答(マーク)式試験対策から、論文(記述)式試験対策へ。
(3)後日、家に届いた結果通知を見たら、落ちていた。予想外の出来事に、右往左往する。

  <〇:受かる人>
(1)本番直後の自己採点を、精神的に負担だと感じる。そこで、2日~1週間程度、間を置く。
(2)「試験当局から正式な結果が届くまで、約1ヶ月。それまでに、自分で採点をやればよい」と思い、プレッシャーを軽減する。
(3)だんだんと、「合格していれば、いいな」と、前向きになる。
(4)万が一、落ちていたときの準備のため、少しずつ勉強をスタートする。

  <合格ポイント>
(1)本試験問題を受験したからには、「復習」が大切である。自己採点は、やらないよりは、やった方がよい。
(2)結果を知ることで、“ガクッ”と気持ちがなえるようであれば、無理にやる必要はない。
(3)それでも「自己採点をやろう」というときは、点数が悪くても、しょげない。過去は過去として反省材料にし、学習すればよい。

  <裏技>
(1)採点の結果、仮に試験に通っていなくても、次のように、自分をかます。
  「不合格がなんだ、本当に死ぬ訳ではない!」
  「まだ、来年の試験が、ある!」
  「次は、何が何でも負けないぞ!」
  「一日一生だ!」
(2)「今すぐに自己採点をしなければならないが、どうしても自分ひとりではできない」という方は、スクール東京の受講相談へどうぞ。本試験の採点はもちろん、敗因分析や次の試験への対策を、1対1で、徹底的に話合います。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP