受験生に送る言葉

「プロ」になりたければ、問題をはぐらかしてはいけません・・・!?

論文の「個別指導」に来ているB子さん(36)は、礼儀正しく、チャーミングな女性です。私のところへ通い始めて、1年が過ぎました。

彼女、文章(論文)で、よくミスをします。「ミスは直せばいい!!」は私の言葉ですが、B子さんは同じミスをよくします。

ある日、私が彼女に注意をした時の話です(彼女に了承していただいているので、書きます)。

「B子さん、この箇所の間違いは、前回もありましたよ」彼女に伝えました。

「えっ!そうですか。私、覚えていないです」。

「失敗ノートに書いてあるでしょ」と尋ねました。

「はい。書いてあります」。

B子さん、不服そうな対応になりました。そして、「先生、今日は体調がお悪いのですか」と、自分が指摘されたミスを、私の体調に変換してきました。

これでは、イカンです。自分が成長したければ、プロになりたければ、「論点」をはぐらかしてはいけません。自分のミスを認め、改善する作業を習得することを願っています。

注意されたら「ありがとうございます。はい。直します」と素直に自分の間違いを認められる人になってください。答えは、自分です。

資格試験は、プロになるためのテストです。準備段階のうちから、プロ意識が高い人ほど、早く合格できます。

「論点」をはぐらかしたり、ずらしたりすることは、政治やビジネスなどのパワーゲームでは常套手段ですが、専門家のタマゴにもなっていないうちから、変な駆け引きを覚えても、ろくなことになりませんよ。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP