社会を元気にする

人生100年の時代は、いつまで・・・!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【成川豊彦先生 無料・憲法 勉強会開催決定!】
大好評の「スク東先生 無料勉強会」に続き、
成川先生による、憲法の勉強会がスタートいたします!
初回は、2019年7月6日(土)実施です!
http://bit.ly/2ZLYyV6
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金融庁の審議会の報告書が、大きな波紋を呼んでいます。人生100年の時代を見据えて、「老後資金は2,000万円必要」。

平均寿命が延びる一方で、少子化や経済状況の先行き不透明感から、年金支給の維持が困難となり、老後の生活設計についてのモデルは、従来のままでは成り立たなくなっていると金融庁が発表しました。

この報告書を、麻生金融担当大臣が受け取らないと言い出して、騒ぎは一層、大きくなりました。

平たく言えば、「年金制度は、すでに破綻している」、つまりは政府の無策無能を端的に指摘する内容だけに、「ハイ、そうですか」と認めるわけにはいかなかったのでしょう。

この問題について、私が思うことは2つ。

(1)年金は、あれば有難い。しかし、依存するものではない。

私はそう考え、生涯現役を指向しているので、 年金制度が難しい局面にあると聞いても、びっくり仰天はしない。何歳になっても、自立心と自助努力は絶対に必要だと思っています。

とは申しましても、政府の無策ぶりを容認するつもりはありませんが。話が別、ということです。

(2)近頃、盛んに、人生100年の時代と言いますが、それがいつまで続くのだろうとも感じます。

医療技術が進歩しているので、平均寿命が延びた。それは確かでしょう。

ただし、その一方、食物の劣化、環境汚染や様々な社会的ストレスによって、それらマイナス要因の複合的な蓄積によって、今の若い世代の人たちが100年生きることができるのかどうか、私は疑問です。心配しています。

皆さんは、どのようにお考えです?

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP