受験生に送る言葉

続・ここまで来たら、ジタバタしない・・・!!

今日のブログは、昨日の続きです。

本試験当日の心得として、(1)問題文の中に答えはある、と申し上げました。自分が暗記していることから答えを探すのではなく、目の前の問題文から正解を導く。

基本、通説、それに社会通念から考えれば、正しい答えに辿り着くことができる。ぜひ、覚えておいてください。では、次!

(2)捨て問を、素早く見抜く。

短答式の場合、1〜2問は、自分にはできない問題がある、と割り切ってください。問題文を読んで、「これは無理」と判断したら、好きな番号をマークしておいて、さっさと次の問題に移る。

勇気を持って、捨て問を作るわけです。そうしますと、時間にいくらか余裕ができますから、念入りに見直しをすることができます。取りこぼしやケアレスミスを防げるわけです。

多くの受験生は、満点を目指して、かえって点数を減らしてしまいます。試験開始直後の早い段階で、自分にとっての難問にこだわってしまうと最悪です。

時間はなくなる・・・大抵の場合、間違っていて得点にもならない・・・司法試験なら70%、予備試験なら60%を確実にものにすればいいのです。

(3)最後の最後まで、食らいつく。

捨て問はあっさり捨てていいのですが、それ以外の問題については、試験終了の合図があるまで、トコトン粘り抜いてください。

「できた」「自信がある」「大丈夫」と思っても、「見落としはないか」、「思わぬ勘違いをしていないか」、時間が許す限り、徹底的にチェックしてください。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP