ビジネスの本質

電話での会話マナー・・・!?

先日、出版社の担当の方から、電話をいただいた。次の著作の打ち合わせ日時を決めるものであった。いつも、丁重に対応していただき感謝している。私の希望日を伝えさせていただいた時のこと・・・

「 成川先生、承知いたしました。それでは、◯月◯日、◯曜日の何時に、◯ホテルのロビーでお待ちしております」と、いつもながら丁寧な話し方に、感心していた矢先、「ガチャン!」と、受話器を置く音が、耳に響いた。

その「ガチャン」は、かなり大きなものだった。その瞬間、私は、珍しく不快な気持ちになった。

一応、成川は「お客」の立場である。 ならば、相手(私)の「終了のあいさつ」を確認してから、受話器を置くのが、マナーではないのかなと、感じたからだ。

「相手を立てる」という態度が伝われば、「おくゆかしい人だ」「礼儀をわきまえている人だ」と、ビジネスにおいてもプラスになる。

また、これからも良い仕事が、一緒にできる。細かいことであるが、社会人として、誰もが、心得ておくべきだ。私自身も、気をつけます。

ビジネスだけに限ったことではありません。受験勉強においても、礼儀正しい人、マナーが行き届いた人には、プラス効果があります。講師やスタッフからの、より良い対応が期待できるからです。

「品質やサービスは、お客の態度や性格にかかわらず、一定であるべき」という意見は、もちろん正論ですが、人間同士がやることには、どうしても違いが出てきます。それが世の中、現実です。

夢を、絶対実現!!

※2019年5月10日(金)までに、従来のスクール東京ホームページから、随時バナーの位置等を変更いたしますので、ご了承ください。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP