ひと言

「貴景勝」が大関に昇進・・・!?

このほど、大相撲の関脇・貴景勝が、大関への昇進を決めました。おめでとうございます。

日本人として、日本人の大関の誕生は、正直、うれしいです。日本の国技である「相撲界」に入門し、活躍されている、外国人力士の方には、申し訳ないですが、私にとって、子どもの頃に見た、体が大きくて強いお相撲さんは、全員、日本人力士だったからです。

彼は、現在、22歳です。お父さんと二人三脚で、力士になることを目標に頑張ってきたそうです。ご両親も、喜んでおられることでしょう。

大関昇進の時、伝達式がありますね。その時、大関となる力士が述べる「口上」。従来は、「4文字熟語」が組み込まれることが多いのですが、彼は、「武士道精神」「感謝」「思いやり」といった言葉を使ったそうです。

成川、この口上に、とても感銘を受けました。「感謝」「思いやり」私の好きな言葉だからです。得意技は、「突き」「押し」・・・押し1本で勝負するのは、まれなスタイルです。

彼は、「自分が持っている少ない武器をもっと磨く必要がある。美学ではないけど、それしか自分が生き残っていく道はない」と語っていました。

ただ長所を伸ばすことに力を注ぐということですね。頑張って欲しいです。

初土俵から所要28場所のスピード昇進ということであるが、彼は、「次の番付を目指す。両親と約束した夢がかなっていないし、まだ途中」と答えています。

22歳の若者が、「不断の努力」を続ける姿を、私は応援しています。新大関、貴景勝、次なる目標に向かって頑張れ!!

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP