社会を元気にする

先生にも、教育が必要!!

五輪担当相を更迭された桜田義孝氏。就任直後から失言や失態を繰り返し、「大丈夫なのか、この人?」と、その資質が疑問視されていたが、東日本大地震からの復興をめぐるこの度の問題発言で、完全にアウト。

被災地の住民の方々、知事や市長らからも、

「人としての思いや理解が、欠けている」
「あり得ない発言」
「信じられない」
「被災されていない人には、分からないのでしょう」
「悲しい気持ちになった」

といった批判、困惑や落胆の声が相次ぎ、与党自民党内からも、「東日本大地震に関することでは、『間違いでした』は許されない。済まされない」と、これまでの何となく擁護する気配も失せて、復興内閣を自認する安倍首相自らも陳謝する事態となった。

後任の鈴木元五輪担当相も、前任者の発言を明確に批判し、内外に「NO!」を示すことによって、信頼回復への姿勢をアピールした。

さて、この問題について、私が感じることは2つ。

(1)思考回路が屈折している。「国民が納めた税金によって、仕事が出来る。自分の給料が支払われている」という感覚がまるでない。政治家の多くが、このような無感覚、無自覚に陥っているのではないか。公務員一般について、かなりの程度で言えることだと思う。

(2)派閥教育をもっとしっかりやるべき。昔の自民党は、良くも悪くも、派閥の力が強かった。今は随分とゆとりがあって、政治家としての緊張感がグズグズのなし崩しになっているのではないか。大人にも、議員先生にも、教育は必要です。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP