社会を元気にする

事業としては、明らかな失敗・・・!?

先頃、世界116カ国・地域で教育事業を展開している「EFエデュケーション・ファースト(本部スイス)」が、英語を母語としない88カ国・地域を対象に「英語能力指数」を調査し、公表した。

オンライン上で無料の英語力測定を実施して、約130万人のデータを分析。日本からは数千人が参加したというその結果は・・・我が国の英語力は49位。5段階評価では、下から2番目の「低い」。

同調査は2011年から実施されているが、日本の順位は年々、下落しており、他国との差は相対的に開きつつあるという。

1つの参考資料として、皆さん、どのようにお感じになられただろうか? 司法試験、予備試験のような難度の高い試験でなくても、通常のテストだったとしても、「 ニッポンは英語、不合格」。

つまり、日本の英語教育は失敗している。結果が伴っていないのだから、間違っている。 事業として、方法論として・・・。さて、間違って、失敗しているのは、英語だけであろうか?

数学も、歴史も、化学も、美術も、もしかして間違っていないか? 国語でさえ、失敗しているのでは・・・私はそう考えています。

本物の必要性を感じなければ、語学は絶対に身に付かないと思う。他の科目も、同様だろう。ここで言う必要性には、2つの意味がある。

1つは、「それがなければ、生きて行けない」。

もう1つは、「好きで、興味が尽きなくて、誰に言われなくても、自分からやる」。

教育の根本を見直す時期に来ていると強く感じます。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP