プロの勉強法

論文(記述式)の書き方は、プロの先生に習う!



———————————————

このブログと同じく、毎朝4時に更新している「司法試験・予備試験ブログ」では、毎週日曜日に、合格のバイブルともいえる“プロフェッショナルな勉強法”を掲載している。読者からのご要望にお応えして、この合格ブログ(成川日記)でも、“プロフェッショナルな勉強法”を、アンコール掲載する。

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

 毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.185”を、どうぞ。

▼「論文(記述式)の書き方は、プロの先生に習う」。
 短答(択一)の勉強は、苦にならない。しかし、長い文を書く論文試験は、苦手だ。合格するために、どうしたらいいだろうか。

  <×:スベる人>
(1)テーマや論点に関係しそうな項目を、かたぱっしから、書きまくる。
(2)参考書にある論証表現通りに、なぞる。
(3)汚い文字で、答案用紙を埋める。乱雑に、訂正する。

  <〇:受かる人>
(1)試験委員の出題趣旨を、問題文から読み取る。
(2)「論証表現集は、個別問題にピントを合わせて作られていない」ことを、知る。
 (注)もし、個別問題にピントを合わせるなら、1科目に、約1万個の個別の表現パターンがいる。
(3)論文指導のプロの先生を見つけ、教えてもらう。
 (注)その際の教材は、過去問にする。
(4)文字は、試験委員に読みやすく書く。訂正も、丁寧にする。

  <合格ポイント>
(1)答案は、出題趣旨に合わせた内容にする。
(2)個別的・具体的な事項を、問題文から見つけたり自分で考えて書く。
(3)過去問の答案を書いて、実力のあるプロの先生に添削やチェックをしてもらう。
(4)「知能力→知識力→答案作成力」の順に、学ぶ。
 (不合格パターン)「知識力」ばかり増やしても、ピンボケではどうしようもない。
 (合格パターン)本当に合格したかったら、「知能力」をアップさせること。そうすると、「知識力」が少しなくても、効果は上がる。

  <裏技>
(1)論文を書く前に、(一般)文章術を習う。
(2)文章術は、「知能力→文章力」で、習得できる。
(3)試験対策として、日本で唯一の文章術講座が、「スクール東京」で実施されている。
「合格する文章術検定」
エントリー講座
(検定講座)
3級コース
2級コース
1級コース
(注)確実に合格したい受験生が、全国から受験している。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP