ひと言

平川先生の小論文講座② 「ピントを合わせる」

Pocket


———————————————

「医学部受験ブログ開設にあたり」

このブログは、あなたの医学部合格のために必要な情報を絞ったものです。「面白い」「合格できる」が、ポイントです。私の受験時代を含めたら60年間のノウハウを公開します。将来、医師になられる高校生や浪人生に、心を込めて合格の「心の科学」を提供いたします。午前4時から、お楽しみに!

スクール東京

最高名誉顧問

成川豊彦

———————————————

夢を抱いて、実現する君よ!
以前、平川先生の小論文講座の記事をこのブログにアップしたところ、大反響であった。
今回は、その第2弾をお届けします!

【設問】
*親友と最近連絡が取れません。どうやら、親友はひどく落ち込んでいるようです。何度か連絡を試みた結果、ようやく明日親友と会って話すことになりました。そこでは、どのようなやりとりが2人の間で繰り広げられるでしょう。2人のやりとりを対話形式で解答用紙のA欄に、そしてそのやりとりの中であなたが意図したことをB欄に述べなさい。(慶應義塾大学医学部平成20年度 50分 字数制限不明)

【前回のおさらい】
平川先生「どうしたの、A君」

A君「今日やる予定の慶応の平成20年の過去問を見ていたんですが、どう書いていいのか、さっぱり分かりません。予備校で教わった医学関係の知識は全然、役に立ちません」

平川先生「なんだ、そんなことか。いきなり、どう書くのか考えるよりも、まずは出題者は何を聞きたいのか、考えることの方が大事だ。それは、分かっているのかい」

A君「何を聞きたいのか、か。えーと、分かりません」

平川先生「この問題文はね、一言で言えば、まず、大事なのは事実関係の把握にあることが、分かっているか聞いている。どう対処するのかは、それからの問題だ。
 つまり、急な事態に対してどう冷静に対応するか、を尋ねている。
 医師としての冷静さと、論理的な思考力があるかを確かめているんだ」

【今回(2回目)】

前回は、A君が、何を聞きたいのか、全く分からなかった。そこで、平川先生がアドバイス、で終わりました。A君は早速書こうと、机に向かいましたが、やはり筆は進まないようです。
A君「やっぱり書けないです」

平川先生「焦ることはない。まず、友人の今を把握しよう。どういう言葉かけをしたらいいだろう」

A君「『どうしたんだい。心配したぞ』と、悩んでいる相手の身になって、声かけをします。その方が話しやすいからです。そして、話のやりとりで、友人はお父さんが病気で倒れ、そのために、医学部進学がむずかしくなったことに悩んでいることが分かった、という設定にします」

平川先生「うん、その設定でいいと思うよ。
 前回言ったように、まずは、事実関係の把握が大切だね。どう対処するかも、結局は実際が分かっていなければできないからね。しかし、この問題は、ただ友達を心配する場合の言葉かけの仕方を聞いているのではない。あくまでも、大学医学部の小論文の試験だということを忘れずに」

A君「えーと、先生は前回この問題は、医師としての冷静さと、論理的な思考力を確かめるために聞いている、とおっしゃていました。だから、友人が父親の病気で医学部進学を諦めようとしていることに対して、どう冷静なアドバイスをすることかが、ポイントですね。単に、優しい言葉の文章に終わってはだめ、ということと思います」

平川先生「その通り。いいね、ピントをついている。問題文自体も『やりとりの中であなたが意図したことをB欄に述べなさい』とあるのは、その意味だ。
 いい機会だから、もう少し指摘すると、小論文で一番大事なのは、設問で聞かれていることにピントを合わせる、ということだよ。
 例えば、『よい温泉旅館の要件は何か』という問いが、あるとする。その場合に、①『料理がおいしい』②『周囲の環境がよい』③『設備が完備されている』④『従業員のサービスがよく、おまけに料金もリーズナブル』などを指摘してはだめだね。
 なぜか、分かるかい」

A君「えーと、何だろう。ピントは合っている気がするけど。うーん、分かりません」

平川先生「もう一度、よく考えてみて。ここでは、何を聞いていたっけ」

A君「あれ、そうか。『よい温泉旅館の要件』を聞いていたんだ。『よい温泉旅館』なんだから、当然、最初に、温泉の話がこなければ。確かに、ピントが合ってないと、ただなんとなく話しているだけに、終わってしまう。問いに応えることにはなりませんね。そうか、ピントを合わせるって、大事だな」

平川先生「その通り。A君、小論文では、ピントが合っていれば、後はほとんどできあがったも同然なんだ。さて、ここから一気に慶応大学の問題を完成させよう、といいたいところですが、時間が来たようです。この続きは、次回に。お楽しみに」

夢を抱いて、実現する君よ!

問題の言葉をよく見て、夢を絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

【合格一本勝負】
Q:どうしても筆が進みません(予備受験生・神奈川県・合格ネーム Tさん)。
A:まずは、事実関係を把握しよう!!

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. ひと言

    さすがです!

    中日ドラゴンズ前監督の落合博満さんが言っていた。「球とは、ケンカを…

  2. ひと言

    ちょっと誤解していた・・・

    一般的に、複数人で飲みに行くときは、年齢・性別・役職に関係なく、ワリカ…

  3. ひと言

    ???

    ケータイの着信音で不思議なことが起きた。電話がかかってくるたびに、「勝…

  4. ひと言

    本能的に、極限までやるから!

    わしはテレビでボクシングの世界タイトルマッチを観るのが趣味なのだが、な…

  5. ひと言

    電車の中はスマフォだらけである!!

     夢を抱いて、実現する君よ! 時々、書かせていただいてい…

  6. ひと言

    テーマ!!

    ―――――――――――――――――― ● 2016/1/15発売 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. 人生

    劇的だけが、転機ではない!
  2. ひと言

    【09/13更新】観ていられない!
  3. ひと言

    みんなでクスクス
  4. ひと言

    どんな時でも、笑顔で行こう・・・!!
  5. ひと言

    もう、何十年も!
PAGE TOP