人生を面白くするヒント

いじめ問題

 

学校でのいじめ問題。
被害者の子どもが自殺をして、問題が大きく社会化するたびに、各地で連鎖反応が起き 
ます。

ということは、いじめは日本全国、万遍なく存在しているということ。
おそらくは、人間が集団生活を営み始めた太古の昔からあったと思います。

学校関係者が言い逃れに使う「いじめは存在しない」ということは、絶対にありえない。

だから、私たち大人にできることは、いじめの気配を感じたら、行動を起こすこと。

教師ならすかさず、被害者側と加害者側に割って入って、体を張る。

親なら、自分の子が、いじめに遭っていると察知したらすぐに、学校サイドや教育委員会に
掛け合って、事前に、取り返しのつかない事態を招く前に、問題を大きくする。
「学校が嫌だったら、無理して行かなくてもいい」と子どもを勇気づけ、転校させてもいいと
思います。

学校や家庭に鋭敏な当事者感覚がなければ、いじめによる悲劇を防ぐことはできません。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


【新刊情報】

令和2年(2020年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集

・ペーパーバック版 ¥3,850 (3月31日まで予約可)
・Kindle版(電子書籍)¥1,250 Kindle 価格!
・Kindle Unlimited 会員は、¥0で読み放題!


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

https://schooltokyo.jp/shihou-kouza-0442/


 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP