ひと言

出身大学は、自慢するものではないです・・・!?

 

司法試験、合格を目指しているAさん(31)。
「スクール東京」の講座の受講と私の「個別指導」を受けています。
彼は、都内の大手企業に勤務しながら勉強をされています。
先日、個別指導後の雑談時の話です。

Aさんの上司は53歳で、東京にあるW大学出身とのことです。
彼をはじめ、自分の部下に「私はW大学出身だ」と卒業した大学の自慢話をするらしいです。
「あなたの上司は、あまり賢くない人だね~」と言ってしましました。

成川、偶然、その上司の方と同じ大学を卒業しています。
自慢できることなど何もないです。

「今の仕事をどれくらいしていけるのか」。
「定年退職まで、できることは何か」。
「自分は、会社に貢献ができているだろうか」。
50歳を過ぎれば、人としての品格が備わっているかを考えなければならない年齢です。

1流大学を卒業したことを自慢するのではなく、人として、社会人として1流になることを志して欲しいです。

Aさんは、反面教師の上司を超える人になってくださいね。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「成川豊彦日記」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。


★アラ・パーによる予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「アラ・パーによる予備試験(司法試験)
合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

※近日発売開始


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」 「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、 このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。 書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】 ● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載! ○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京」 ├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。 └ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】メールマガジン登録フェイスブックツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP