その他

平川先生の小論文講座89―久留米大学(医学部医学科) 2014年度―

 

[今回の過去問]
  2014年久留米大学(医学部医学科)「時代を見据えた理想の医師像」 
目標60分

【これまでの話】
 先週から、医学部・小論文に出題されることが多い「あるべき医者の姿」について、課題を取り上げています。

[第89回]

「時代に応える医師の姿とは?」

A子 「今週もよろしくお願いします」

平川先生「こちらこそ。よろしく。さて、先週は『時代を見据えた』理想の医師ということで、
時代の特徴について少し考えました。その上で、答案構成をし、時間があったので書いてもらいました。
 ただ、A子さんの書き上げた文章は、最初の『不安な時代』と『理想の医師像』の関連が、
今ひとつはっきりしませんでした。また、表記においても、後半で同じ語句が何度も出ていましたね」

A子「そうです。家に帰ってから見直したら、何回も『スタッフ』という言葉が、出ていました。よく見直したつもりでしたが、まだまだです」

平川先生「そんなことは、ありませんよ。自分の過ちを直ぐに認める素直さが、A子さんのよさですよ。弱点を、直ちに認めるので、進歩が早いです。医学部合格というところまで、あと少しですよ。
では早速、書き直してみましょうか」

A子「はい、分かりました」

以下が、先週A子さんの作った答案構成と答案です。

【答案構成】〈注〉答案構成とは、答案の柱となる事項を書き出し、表にして整理したものです。

【答案】
日本の人口は、数年前から減少を始め、高齢者の介護を高齢者がする
「老老介護」が社会問題となっている。
人口減少による経済規模の頭打ちにより、国家財政も限界が見えている。
もはや、国民が単に国に要求さえすれば済む時代は、終わりを告げた。
 その一方で、医療技術は臓器移植からiPS細胞を中心とした再生医療へと発展し、医学の専門性、高度化は格段と進んでいる。

 このような時代において、あるべき医師の姿とは、いかなるものであるか。それは、患者の病を改善、治療するための存在という医師の自覚を持ちつつ、その専門性、技術性を高める研鑽をする努力を怠らない人であることだ。
病人の信頼を得られる人物である。
なぜなら、医療は患者から命を託されるからだ。その信頼に応えるためには、患者との意思の疎通、日常的な病人とのコミュニケーションが欠かせない。
 また、病院退院後の日々の生活における健康管理の指導も、配慮する必要がある。
さらに、今日の高度な医療は看護師、検査技師、その他の病院スタッフとの連携がなければ、維持できない。そこで、看護師、検査技師などの医療スタッフ、病院スタッフとの日頃の意見交換も不可欠である。
(521字)

―――――――――――――――――――――――――――――――

しばらくして、下記がA子さんの書き直した答案です。

【答案】
 今の時代の特徴は、先が見えないということだ。小子高齢化社会が進み、日本の人口は、数年前から減少に転じ、高齢者の介護を高齢者がする「老老介護」が社会問題となっている。
人口減少による経済規模の頭打ちにより、国家財政も限界が見え始めた。
もはや、国民が国に要求さえすれば問題が解決する時代は、終わった。
 一方、医療は臓器移植からiPS細胞を中心とした再生医療へと発展し、医学の専門性、高度化は格段と進んでいる。

 このような時代において、あるべき医師の姿とは、いかなるものか。
それは、患者の病を改善、治療するための存在という医師本来の目的を見失わないことだ。そして、その専門性、技術性を高める研鑽を怠らない人であり、病人の信頼を得られる、人物であることだ。
なぜなら、医者は患者から命を託されるからだ。その信頼に応えるためには、高い専門性を有しているとともに、患者との意思の疎通、日常的な病人とのコミュニケーション能力が欠かせないからだ。
 また、病院退院後の日々の生活における健康管理の指導も、配慮する必要がある。
さらに、今日の高度な医療は看護師、検査技師、その他の病院関係者との連携がなければ、維持できない。
そこで、医療スタッフ、病院従業員などとの日頃の意見交換も不可欠である。医師の責任は、ますます重くなっている。

(548字)
〈注〉「など」は、通常は「等」と表記すべきですが、漢字が続いていて、
読みづらい印象を採点者に与えるので、ひらがな表記に換えました。

平川先生「なるほど、今度はちゃんと流れが出ています。分かりやすくなりました。題意に応える答案になっています。合格です」

 A子「ありがとうございました。ホッとしました(「ふっ」と、肩の力を抜く)」

平川先生「さて、次回からは、高齢者対策の問題を考えます。A子さんも、少し検討をしておいてください」

A子「はい、ちょっと考えておきます」

平川先生「そろそろ時間です。いよいよ本格的な冬の季節の到来です。体調には、くれぐれも気をつけてください。ジャンクな食べ物は、避けて、少しお金がかかるかもしれませんが、栄養のある物を取るようにしましょう。来週も、お楽しみに」

A子「はい、今日はありがとうございました」

平川先生「こちらこそ、ありがとうございました」

【今回のポイント】
「文章を書くことを、大切に」

先日、経済協力開発機構(OECD)による国際的な学力調査で、日本の若い人たちの読解力が、2015年よりも大幅に低下(世界8位から15位に)したことが発表されていました。
実は、私は毎日Twitterで文章の書き方をツイートしています。そのツイッターをフォローしてくださったから、メールを頂くことがあります。いろいろなご意見は、日々の論文指導に役立つものです。
ただ、残念なことに、文章を書く基本ができていないのか、主語、述語が抜けていたり、指示語、接続語がない一文で書かれていたりで一体、何をおっしゃっているのか、分からない場合が、最近多く見かけます。

スマホやSNSで、容易に社会から情報を受け、同時に発信できるようになりました。しかし、言葉の使い方を見ると、スマートフォンが出現していなかった2007年以前の方が、学生にコミュニケーション能力があったように思います。

 医学部を目指すあなたは、何れ医師になった時に、多くの患者と接する機会が増えます。その時、的確な表現をするツールとして、文章を書くということが、大きな力を発揮します。
私のこの講座も、単に医学部受験のためにだけに利用するのでなく、これをきっかけに、自己の意思を伝達する道具として記述力の訓練をしているのだ、と考えてください。そして、活用してください。

夢を、絶対に実現!

* * * * * 【メルマガ会員募集中!!】 ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。 ご登録を、お願いします。

 

 

〈医学部・受験の電子書籍、ペーパー書籍の案内〉

1、「小論文の最終チェック」 本書は、受験生のため、すぐにでも小論文が使えるノウハウが、 述べられています。 各大学の過去問の答案例を基にしています。 読めば、それだけで答案作成のイメージが付きます。 夢を必ず、実現! ■電子書籍版500円(税込) https://amzn.to/2H5ouGO ■ペーパー書籍1,620円(税込)https://amzn.to/2RSu5Cb

2、「読むだけで身につく医学部・小論文 重要ポイント」 間近に迫った小論文対策にぴったり。
■電子書籍版500円(税込) https://amzn.to/2S9BaSf
■ペーパー書籍1,620円(税込) https://amzn.to/2tlEZoD

 

3,〈医学部・受験のレクチャーの案内〉

4月より、医学部・小論文「重要ポイント」のミニ講義をyoutube で放映中。

 

* * * * *

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。 あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう! なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

* * * 【成川豊彦の関連ホームページ】 ● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載! ○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京」 ├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。 └ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。 【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】 メールマガジン登録フェイスブックツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP