社会

  1. これを、1つのきっかけに!

    普天間基地移設問題が迷走しているが、わしは、ニッポンの国防の在り方を国民が集中審議する絶好の機会だと考えている。これまでの現実を踏まえ、対アメリカ、対沖縄県民の…

  2. 「世の常」には、させまじ!

    簿記を勉強している主婦の方からの報告。彼女の子どもが通う私立小学校では、不況のため、公立への編入を希望するケースが増えているという。倒産やリストラによって、保護…

  3. これも、法の役目!

    旧Wセミナー出身の官僚と話していたときのこと。3年ほど前から林業関係者の間で危惧されている噂が話題になった。中国人が、日本の森林を買収しようとしているという。…

  4. 親のせいでも、子のせいでもない!

    トピックとしては一頃ほど騒がれなくなったが、「いじめ問題」が後を絶たない。より広く、陰湿に、あるいは無味乾燥に潜在しているように思う。顕在化するのは、「事故」や…

  5. ひとりの人として

    近年、犯罪の被害者あるいは加害者の家族が、テレビのインタビューに顔出しで応じることが多くなった。一昔前までは、普通ではあまり考えられなかったことだ。高度情報化社…

  6. 半永久的な課題!

    マージャンに「国士無双」という満貫の役があるが、「国士」とは、「自分のことを顧みず、国のことを心配する人物」のこと。すべての公務員は、国士であってほしい。公務員…

  7. 政治不信の温床にしない!

    核をめぐる日米間の密約問題。これも、政権交代の効果の1つだ。自民党が与党であり続けたなら、表面化することはなかっただろう。全容を明らかにしようとする政府・民…

  8. 地に足つけた政策を!

    先日、「政治の本来的な実務は、教育と仕事のための環境整備」と書いたが、与党・民主党が掲げる「高校授業料の無償化」には、ちょっと違和感を覚える。けっこうなことには…

  9. その実務の「実」とは?

    昨日、政治の役割は、「『この国で、大丈夫だ!』と国民をその気にさせること」と書いたが、その総論を支える2つの大きな各論がある。「教育」と「仕事」である。…

  10. これからが、勝負!

    政権交代という大きな変革が、自信と充実感をもたらしたのだろう。鳩山首相の表情がイキイキしている。しかし、ここで実務に徹しないと、「やっぱり、カネ持ちのボンボンの…

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. ビジネス

    クレーマーの対応が、出来ないなんて・・・!? その2
  2. ひと言

    【10/03更新】生態論の1つ!
  3. 健康

    勉強のリフレッシュに、最適!! / 「合格ノート」は、書店で販売していません!
  4. 人生

    たしかに、困るんだよなあ
  5. 未分類

    この違いを、肌で知れ!
PAGE TOP