未分類

何でも、遺伝子のせいにするな!

Pocket

小・中学校の先生たちと話をしていて、以前から気になっているのは、「授業の進行を妨げるほど落ち着きがない子どもたちの急増」だ。「多動児」「注意欠陥障害」などと呼ばれ、最近では、遺伝性の疾患として扱う傾向も出てきている。
わしも、「環境ホルモンやジャンクフードの蔓延が、子どもたちの心身を破壊しつつある」との認識に立っているが、何でもかんでも「病気」にしてしまうことには、若干、抵抗感がある。「親や教師のしつけによって直せる部分が、かなり大きい」「改善の余地が、まだまだ残されている」と考えているからだ。
「病気」とレッテルを貼り付けることは、即物的なマニュアル対応を可能にする反面、1人ひとりの子どもたちの個性を見逃すことにもつながる。現場の先生方や学校関係者はたいへんだろうが、どうか、「主役は、子どもたち」「主役が、たくさんいる」ということだけは、忘れないでいただきたい。
<人生一本勝負!>
Q:仕事の精度が一向に上がらない部下たちに、ヤキモキしています。「私がやった方が早い!」と、毎日、手が出そうです。(女性管理職33歳)
A:あなたの気持ち、よくわかる。その上で、次の言葉を贈ります。「仕事は、自分でやらないと、絶対に覚えない」。

関連記事

  1. 未分類

    わが身に沁みてこそ!

    若い看護師さんたちと話をすると、「看護師を志望した動機」は1つに集約さ…

  2. 未分類

    ファンとして!

    ちょっと前のことになるが、どうしても納得できないので、ひとこと!5…

  3. 未分類

    パンのみで、生きるにあらず!

    昨日、「資格試験の受験生の多くは、勉強が好きではない」と書いたが、社会…

  4. 未分類

    自然への回帰を!

    昨日、「精神科医のほとんどが、睡眠薬を常用している」という話を書いたが…

  5. 未分類

    ひさしぶりにいくか!

    受験生のみなさん、「本試験まで、あと何日だ?」。すぐに答えられない…

  6. 未分類

    ポカをやらないために!

    先日、効率的なスケジュール管理について書いたところ、働きながら社労士を…

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. ひと言

    しまいには、わしも目を逸らしてしまった!
  2. 健康

    野菜から食べて、ダイエットに成功!!
  3. 受験

    【09/15更新】この夏の自分!
  4. ひと言

    チェンジのチャンス!
  5. 受験

    コツコツ仕込む!
PAGE TOP