未分類

何でも、遺伝子のせいにするな!

Pocket

小・中学校の先生たちと話をしていて、以前から気になっているのは、「授業の進行を妨げるほど落ち着きがない子どもたちの急増」だ。「多動児」「注意欠陥障害」などと呼ばれ、最近では、遺伝性の疾患として扱う傾向も出てきている。
わしも、「環境ホルモンやジャンクフードの蔓延が、子どもたちの心身を破壊しつつある」との認識に立っているが、何でもかんでも「病気」にしてしまうことには、若干、抵抗感がある。「親や教師のしつけによって直せる部分が、かなり大きい」「改善の余地が、まだまだ残されている」と考えているからだ。
「病気」とレッテルを貼り付けることは、即物的なマニュアル対応を可能にする反面、1人ひとりの子どもたちの個性を見逃すことにもつながる。現場の先生方や学校関係者はたいへんだろうが、どうか、「主役は、子どもたち」「主役が、たくさんいる」ということだけは、忘れないでいただきたい。
<人生一本勝負!>
Q:仕事の精度が一向に上がらない部下たちに、ヤキモキしています。「私がやった方が早い!」と、毎日、手が出そうです。(女性管理職33歳)
A:あなたの気持ち、よくわかる。その上で、次の言葉を贈ります。「仕事は、自分でやらないと、絶対に覚えない」。

関連記事

  1. 未分類

    今更ながら、手抜きは許さんぞ!

    Wセミナーで公務員を担当している男性講師から聞いた話だ。彼は体調が思わ…

  2. 未分類

    嫌われているのが、わからない?!

    居酒屋でアルバイトをしながら、不動産鑑定士の勉強をしている26歳の男性…

  3. 未分類

    心がけ、1つ!

    宅建を勉強している47歳の女性から聞いた話。彼女は夫と共稼ぎの暮らしを…

  4. 未分類

    職業は、関係なし!

    不動産会社に勤務しながら、宅建の勉強をしている28歳の男性から聞いた話…

  5. 未分類

    人生に、師を!

    みなさんは、小学校から高校・大学までの間に、「恩師」と呼べるような先生…

  6. 未分類

    母の入院(3)

    ロースクールの受験準備をしている女性から、長い手紙が届いた。脳梗塞…

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. 未分類

    これも、お国柄
  2. 受験

    あらゆる受験に、合格させる!! / 2015年8月15日「お盆の叫び2015」で…
  3. プロフェッショナルな勉強法

    勉強は、いつでも・どこでもできる
  4. 受験

    さらに、こんな工夫が!
  5. ビジネス

    田舎のコーヒー・ショップは、最高!?
PAGE TOP