未分類

見抜く目が必要!

先日、オーラのことにちょっと触れたが、人にあるものは、企業にもある。「オーラを放っている会社」が存在するのだ。超過収益力を保持し、社会的に有用な高い企業価値を築く。そんな会社には、たしかにオーラがある。古い言葉で言えば、「暖簾(のれん)」がある。
ただし注意すべきことが、1つ!有名な大企業だからといって、必ずしもオーラがあるとは限らない。逆に、かつての暖簾にあぐらをかいて、腐臭や死臭を放っている場合だってある。そして、人目につきにくい小さな会社や店にも、オーラがあるところには歴然とある。
オーラは、一般化・固定化された評価基準ではない。生命のようにゆらめき、流れ、移ろいゆくものなのである。
まず、「あなたに会うと、元気になる」と言われよう。
<人生一本勝負!>
Q:1コマ2時間の勉強に集中するには、3時間、4時間分の気力・体力が必要ですね!(行政書士志望/神奈川県Tさん)
A:だから、勉強は何よりもまず、「量」が大切!「量」と「睡眠」で、集中力をつける。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP