未分類

全体の1%!

どの会社にもいる「ゴキブリ男(女)」。仕事もせずに、社内をうろつき回って他人の噂話をしたり、不意に姿を消して、2時間も3時間も表れない。「いったい、何をしていたのだ?」と問い詰めると、「打ち合わせをしていました」「新しいアイデアを得るためのリサーチです」などと、もっともらしいことを言うが、全部ウソ。働く気は、まるでない。それなのに、給料をもらえる限りは、会社にせっせとやって来る。いくら周囲から注意されても、イヤミを言われても、へっちゃらなのだ。
 100人いれば、1人は該当者がいる。あなたの近くにも、いないだろうか?ちなみに、圧倒的に男が多い。困ったものである。
<人生一本勝負!>
Q:憲法改正の議論(特に9条)を見ていると、現実感が希薄な、机上のやりとりのように思います。イラクで米兵が何人亡くなっているか、当のアメリカでさえも真正面から受け止め切れていないのに、安全保障下にある現在の日本で、軍備や平和について、どうのこうの言うのは、妙な気がします。「正しい戦争はありえない」という前提に立って、「正しくないことは、絶対にやらない」」か、「正しくなくても、いざとなったらやる(だから、その準備をしておく)」かの二者択一だと思うのですが……。(弁護士志望/女性25歳)
A:いずれにしても、「血を流す覚悟」が求められる。その覚悟が、改正の議論からは感じられないので、空虚に映るのだろう。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP