社会を元気にする

児童養護施設制度の改善を、お願います!!


 夢を抱いて、実現する君よ!バブルがはじけて20年以上になるが、景気も今一つ、パッとしない。その中で、今「6人に1人」の子どもが、「貧困」に陥っているという記事を最近、目にした。核家族、少子化で、1人ひとりの子どもが大切に大事に育てられていると思い込んでいただけに、大きなショックを受けた。
(1)離婚による貧困。
(2)シングルマザーによる貧困(非離婚)。
(3)非正規社員による不安定さからの貧困。
(4)親からの虐待による貧困。
・・・等々胸が痛くなる思いだ。上記の原因により、親が子どもを育てられないケースが増え、「児童養護施設」に入所する子どもの数が増加しているそうである。その数、実に4万人というのだ。
 しかし、この「児童養護施設」制度がしっかりしておらず、法律では、18歳になったら「退所」しなければならない決まりになっている。親の愛情を受けることが出来ず、「児童養護施設」で育ち、18歳になったら「一人」で社会に出て行かなければならないという仕組みである。「児童養護施設」で育った子どもは、「対人関係」が上手く出来ず、社会生活に馴染めず、職を転々とし、ホームレスになる人も少なくないという。「負」の連鎖である。
 日本政府には現在、しなければならない課題は山積しているが、「6人に1人」の「貧困」と言われている「子ども」のための改善策を早急に打ち出していただきたいと懇願させていただく。わし、成川も、微力ながら、「日本」の「未来」を担ってくれる子どもを守って行きたいと強い気持ちである。
 国民主権という、憲法の原理は、豊かな子供がベースにならなければならない。
 夢を抱いて、実現する君よ!日本の子どもの未来を願って、夢を絶対実現!!
 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。
 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!
 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
【合格一本勝負】
Q:日本は豊かな国、ではないと思います(弁護士志望・東京都・合格ネーム Sさん)。
A:わしも最近、そう思い始めた!
【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。
【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP