プロの勉強法

難しい論点でも、「大したことはない」と、開き直る!!


 夢を抱いて、実現する君よ!このブログと同じく、毎朝4時に更新している「司法試験・予備試験ブログ」では、毎週日曜日に、合格のバイブルともいえる“プロフェッショナルな勉強法”を掲載している。読者からのご要望にお応えして、この合格ブログ(成川日記)でも、“プロフェッショナルな勉強法”を、アンコール掲載する。
● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。
 毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.102”を、どうぞ。
「難しい論点でも、「大したことはない」と、開き直る」。
<×:スベる人>
(1)急に“イヤー”な雰囲気に、包まれる。そして、“ドーン”と落ち込んでしまう。
(2)時には、目の前が“真っ白”になって、血流が激しく流れる。
(3)目の前の文字や数字を、満足に読めない。
(4)鉛色によどんでいる脳の動きや、“カッカ”している気分が、なかなか治らない。
(5)その問題を流して、次に進んでも、“ビビッタ後遺症”は、消えない。
<〇:受かる人>
(1)「こんな問題、たいしたことはない」「簡単! 簡単!」と解く前から、“上から目線”で接する。
(2)実際に難しくても、解けなくても、「大したことない!」「ドン・マイ!」と強気を崩さない。
(3)出題された問題を、「大きな項目から、少しずつ細かい項目へ」と視点を変えて見る。
(4)基本的な定義・目的(趣旨)、基本公式(原理)を活用する。さらに、簡単な図やマトリックスを書いて、出題者が意図しているポイントを探す。“下から目線”で。
(5)それでも、分からない時は、後回しにする。勉強時間の最後に、「大したことはない! 大したことはない!」と“かまし上げる”。
<合格ポイント>
(1)難しい項目や苦手とする論点の、“難しい”“苦手”の半分以上の要素は、精神的に“ビビッテ”いること。だから、「大したことはない」「簡単! 簡単!」と自己暗示をかける。つまり、自分と問題を“かまし上げる”のである。「いままで勉強してきたのだから、解けるハズだ」と開き直ってよい。
(2)そうすると、問題となっている項目や論点が、易しく見える(実際、易しいのだが・・・)。そして、解決の糸口が見つかる。
(3)逆に、“難しい”“苦手”と自分から“マイナスの暗示”をかけると、ますます“難しい”“苦手”になる。その結果、解答が遠のく。
(4)問題の解決ルールは、第1ステップ「精神的に優位に立つ」→第2ステップ「科学的に基本から見る」につきる。ほかのことは、いらない。
<裏技>
(1)「世界・日本・地元」「過去・現在・将来」のことも“大したことはない”と見る(本当に、そうだが・・・)。
(2)「どんな人間も、必ず死ぬ」「しょせん、この世は、男と女」。“大したことはない”(本当に、そうだが・・・)。
(3)「試験問題」も、日ごろから“大したことはない”(本当に、そうだが・・・)。ただし、“基本”から、解く。
 本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。
 あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!
 なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
【合格一本勝負】
Q:今日も勉強だ!(司法試験受験生・和歌山県・合格ネームWさん。)
A:合格するまで、サンタは来ない!
【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。
【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP