受験生に送る言葉

うちに、来い!

Wセミナーを事業譲渡してから「スクール東京」の最高名誉顧問に就任し、新司法試験に本格的に取り組んでから、およそ1年半が過ぎた。この試験、完全浪人が一生懸命やれば、ゼロの状態からでも、つまりは予備試験に挑戦するとしても、1年で合格できる。わしからすれば、受験資格を有するロースクール出の人たちが、5年で3回という甘い甘い制度の恩恵を蒙りながら、5人に1人しか受からないというのが不思議なくらいなのだ。
コツコツと努力すること、キチンとしたノウハウをもって勉強にあたること。この2つさえあれば、誰でも受かると言っても過言ではない試験なのに、できない人が多い。努力は本人の自覚次第だから、他人があれこれ世話を焼くにも限度があるが、ノウハウを知らないまま不合格で終わって消えて行くのは見るに忍びない。初期の土人みたいに近代兵器の存在すら知らずに戦いに臨んでも、結果は絶対について来ない!
「本物の受験生」になってほしい。とりあえず、「本物の受験生もどき」になってほしい。
なお、本日午前4時更新の「新司法試験ブログ」は、新司法試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
【合格一本勝負】
Q:東日本大震災は、実に多くのことを教えてくれた気がします。(弁護士志望・東京都Mさん)
A:自然から学ぶべきことは、途轍もなく大きい!
【成川豊彦の関連ホームページ】
成川.net(毎朝4時更新)
(パソコン用)合格グッズ.com
(携帯版)合格グッズ.com

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP