未分類

そこに職があれば、飛び込め!

昨日、「仕事を失った人は、早朝5時起きをベースに!」と書いたが、アドバイスをもう1つ。
「職を探すなら、選り好みをしない!」。
たとえば、製造業で働いていた人たちは、また同じような仕事に就きたいと希望する傾向が非常に強いという。そのせいで、今そこにある職を敬遠することも多いそうだ。
気持ちはわからないでもないが、人生に危機に際し、ちょっと甘いのではないか。第一、うまくいかなかった仕事の後を追って、どうするのだ。解雇や雇い止めの憂き目に遭ったのだから、自らも、甘えや未練を断ち切っていかなければいけないのではないか。
好き嫌いさえ言わなければ、この国に仕事は山のようにある。職種や労働条件についてこだわりを持つのもいいが、ときには、裸になって身ひとつで、目の前の仕事に飛び込む勇気も、人生には必要なのだ。
<人生一本勝負!>
Q:『会社員の品格』の125項目を読んで思ったのですが、「バカだなあ」と笑いながらも、4分の1ほどは身におぼえがあります。多い?(不動産鑑定士志望/東京都Eさん)
A:ちょっと多いかな。5つから10程度に収めるように努力を!

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP