受験生に送る言葉

騙されて、終わる人・・・!!

私は28歳で新聞社を辞めて脱サラし、およそ4年ほどの受験勉強の後に公認会計士の資格を取得。

合格発表があった1週間後に起業して以来、78歳になる今日まで教育事業に携わって来ましたが、受験の本質、受験生の在り方は、半世紀近く経っても、あまり変わらないな、とという思いを抱いています。

まず、できる人の話からしましょう。できる人は、自分からやります。言われたことをきちんと自分のものにするまで、やります。

たとえ言われなくても、自分がいいと思ったこと、必要だと感じたことは、やります。すぐにできなくても、 何度も何度でもやろうとします。

「素直で、負けん気が強い」。

これが、できる人です。

では、できない人はどうか?

いろいろな言い方があるでしょうか、どうも騙されているようだと私は感じています。何に騙されているのでしょう?

当局が公表する合格率、予備校の宣伝文句、あるいは周囲の人たちからの評価(マイナスもプラスも含めて)、場合によっては自分の学歴、職歴や生活環境・・・などです。

これらは全て、こと受験に関しては、付随的なものです。2次的、副次的な事柄です。これ以上はないほど簡潔に申し上げますと、「本試験には、出ません」。

関係ないのです。関係ないことに騙されて、惑わされて、自信を無くしたりします。逆に、いい気になって天狗になったり油断したり・・・。

そんなことをしているうちに、様々な事情に押し流されて受験生活を終えてしまう人たちが大勢います。

私はもうたくさん見て来ました。できることなら、もう見たくないですね。

自分や他人に騙されないようにしてください。そうすれば、すぐ目標は達成できます。

夢を、絶対実現!!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP