プロの勉強法

オリジナル文房具を、考案する!

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.235”を、どうぞ。

▼「オリジナル文房具を、考案する」。

論文の答案を書き続けているが、利き腕が悲鳴を上げている。指の関節、手首が痛み出した。そのせいで、書くスピードが落ちてきているが・・・。

<×:スベる人>
(1)形整外科に行ったら、医者から「腱鞘(けんしょう)炎です」と言われ、処方された湿布を貼っている。
(2)使う道具の工夫は、特にしない。ペンは、細身でボールの硬いものを、相変わらず使い続ける。
(3)字は薄くて小さく、しかも雑。紙面全体が、汚く見える。

<〇:受かる人>
(1)「手が痛むのは、指や手首に無理な力をかけ続けているから」と、考える。書く時の悪い癖を修正し、手のマッサージやストレッチをする。
(2)一番使いやすい鉛筆・シャープペンシル・ペンはどれか、いろいろと買って試してみる。ときには、既存の道具を改造してみる。
(3)あまり筆圧をかけずに、「太く、濃く、大きな字」が、書けるようになってきた。

<合格ポイント>
(1)司法試験では、通常5枚~7枚程度の答案を、8科目仕上げなければならない。予備試験では、4枚の答案用紙で10科目分、書く必要がある。できる限り、字をきれいに書くため、使う筆記具の研究をする。
(2)①ペンのインクは、ジェル系を使うと、手にとって楽に、濃い字が書ける。

(注)ペン軸の指で支える部分に、ゴム製の分厚いグリップ(別売)を装着するのもよい。指に多少力が入っても、吸収してくれるので、疲れないようになる。このように、自分だけの「オリジナル文房具」化する。

②答案構成に使う鉛筆は、芯のやわらかい9B~10Bを使うとよい。

(注1)司法試験・予備試験の試験委員の採点実感には、毎年「小さく潰れたような字で書かれているものがあり、読み取れない」など採点者からの苦言が書かれている。合格をくれる人を、字で悩ませないよう、心がけたい。
(注2)一方、「よほど、汚い字でも読んでもらえる」と豪語する受験生もいる。しかし、合否を分ける点数のところで横並びになった場合、きれいな字の答案が合格するに決まっている。

<裏技>
(1)考案したオリジナル文房具に、いつも感謝の気持ちを持つ。そして、「どうぞ本番で、私(僕)を助けてください」とお願いを込める。
(2)そうすると、ペンや鉛筆が「ハイ、分かりました」と聞き入れてくれ、あなたの「脳の延長、手の一部」として、なめらかに動いてくれる!

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

ペイパル新規登録キャンペーン

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP