プロの勉強法

論文(記述式)試験では、まず試験委員に分かる答案を書く!



———————————————

このブログと同じく、毎朝4時に更新している「司法試験・予備試験ブログ」では、毎週日曜日に、合格のバイブルともいえる“プロフェッショナルな勉強法”を掲載している。読者からのご要望にお応えして、この合格ブログ(成川日記)でも、“プロフェッショナルな勉強法”を、アンコール掲載する。

● 最新の“プロフェッショナルな勉強法”は、「司法試験・予備試験ブログ」。
● アンコール掲載の“プロフェッショナルな勉強法”は、この合格ブログ(成川日記)。

 毎週日曜日は、両方のブログに“プロフェッショナルな勉強法”を掲載するので、必ずチェックをして、成功・合格に結びつけてほしい。それでは、合格のためのアンコール掲載“プロフェッショナルな勉強法No.188”を、どうぞ。

▼「論文(記述式)試験では、まず試験委員に分かる答案を書く」。
 論文の答案作成が、苦手だ。焦って、知っている専門用語を多用したり、小難しく表現しがちだが・・・。

  <×:スベる人>
(1)問われていることにピントを合わせられない。少し関係することを、書きなぐる。
(2)自分のことを優秀に見せようと思ったり、勉強したことを無理やり関係させたりする。
(3)専門用語を多用すると、点数が伸びると錯覚している。
(4)飛躍した文章を、平気で書く。
(5)「理解を示す文章」が、まったく書けない。

  <〇:受かる人>
(1)題意にピントを合わせて、コンパクトに記述する。シンプルさを心がける。
(2)勉強したことをひけらかすような、専門用語の乱発は、しない。
(3)内容が飛んだ文を、書かない。
(4)理解したことだけを、書く。適当にごまかした文章を、並べない。

  <合格ポイント>
(1)答案は、試験委員に内容が伝わればよい。
(2)そのために、文章をシンプルにしたい。ごたごたと、書かない。
(3)そして、題意に対して適格に対応した内容にする。
(4)分かってないことを、決して書かない。
(5)専門用語を多用してごまかしても、試験委員は、すぐに見抜く。

  <裏技>
(1)スクール東京の「合格する文章術検定講座」を受けると、急速に、答案作成がうまくなる。
(2)「合格する文章術検定講座(2級)」に合格すれば、司法試験・予備試験などの合格答案を作成する能力がつく。

本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へクリック、ありがとうございます。

あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「合格ブログ(成川日記)」でお会いしましょう!

なお、午前4時更新の「司法試験・予備試験ブログ」は、司法試験・予備試験の受験生以外の方々にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。

———————————————

* * *

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ講座

成川豊彦日記修了まで

アーカイブ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP