未分類

答えは、自分!

Pocket

最近の学生や社会人に見られる1つの傾向は、「逆恨み型」が増えてきたことだ。勉強や仕事がうまくいかないと、「学校が悪い」「先生の教え方が悪い」「会社が悪い」「上司や同僚、それに取引先やお客が悪い」などと、自分が世話になっている周囲の人たちに、マイナスの原因を押しつけて、平然としているのだ。
不動産鑑定士を目指している男性受講生から聞いた実例。大学時代の知り合いから突然連絡があって、飲みに誘われた。忙しい仕事と勉強の合間をぬって出かけたところ、「ここはオレがおごるから、オレがいた会社に、『辞めさせられた』と文句を言って来てくれないか」という。何か理不尽なことでもあったのかと、よくよく話を聞いたら、何の事はない、その男が仕事をしなかったというだけなのだ。
周囲への感謝の気持ちを忘れて、恨み言ばかりを抱いていると、絶対にバチがあたるぞ!
<人生一本勝負!>
Q:年間3万人を超える自殺者のことが大きな社会問題となっています。民間や行政で、様々な取り組みや対策が取られるようになってきました。成川先生は、「死にたい」と思ったことはありますか?(弁護士志望/男性30歳)
A:あります。どんな人でも、生きていれば、死を考えることはあると思う。「死んだほうが、楽になる」と気持ちが傾くことはあるだろう。問題は、死で心を占められそうになったときに、それ以外の選択肢が、プラスの可能性として、周囲に見つけられるかどうかなのだ。

関連記事

  1. 未分類

    意外と有効!

    仕事で使えるちょっとしたワザを1つ紹介しよう。名付けて、「ドタキャ…

  2. 未分類

    魅力の源は、どこに?

    先場所の優勝決定戦を制した朝青龍のガッツポーズをめぐり、「神事にして、…

  3. 未分類

    ミスは、直せばいい!

    前日に引き続いて、大相撲の話題をもう1つ。横綱・朝青龍が、日本での巡業…

  4. 未分類

    要は、大人の心がけ!

     ちょっと前に、高校野球の特待生制度が問題になったが、わしはあってもい…

  5. 未分類

    がんばり方を、間違えるな!

    ファストフードやファミレスなどの外食産業で、「名ばかり店長」が問題にな…

  6. 未分類

    いくら常連とはいえ……

    マンション管理士・管理業務主任の勉強をしている52歳の男性から聞いた話…

成川日記の終了まで

アーカイブ

  1. 社会

    最近、目立ちます・・・けしからん女性たち!!
  2. 社会

    台無し、だが良かった!
  3. ビジネス

    当たっているはず!
  4. 社会

    ホントにホントに、あぶない話!! / “名古屋ゼミ”で会おう!
  5. 社会

    新宿のパチンコ店での光景!?
PAGE TOP